1月に発表された資料などから、国外財産調書の提出件数などをみていきます。>> 本文へ