平成29年11月に発表された各国税局の資料から、平成28事務年度の相続税の実地調査件数や申告漏れ等の非違件数をみていきます。>> 本文へ