受取人が指定されている生命保険金は、相続財産とは別個に請求・取得することができますので、当座の資金確保に有効です。>> 本文へ