2022年に三大都市圏の生産緑地の営農義務が終了します。生産緑地法の動向にも注目しつつ、宅地化による様々な影響を理解し、将来の土地利用計画を慎重に検討することが重要です。>> 本文へ