株主の判断は、相続においても名義の如何にかかわらず、実際に株式の取得資金を拠出した人が真実の株主として取り扱われます。>> 本文へ